保育士と幼稚園教諭のお給料と平均年収はどのくらい?

保育士・幼稚園教諭の転職ノウハウ

保育士や幼稚園教諭として働くとき、お給料や平均年収が気になりますよね。

保育士と幼稚園教諭、そして私立と公立で給与は変わってきます。

ここでは保育士と幼稚園教諭の収入について解説します。

保育士の平均年収

保育士の1ヶ月あたりの平均給与

保育士の1ヶ月あたりの平均給与は、男性が24.8万円、女性が22.1万円です。

平均給与に年間賞与などの特別給与(ボーナスなど)を足したものが年収になります。

男性 女性
給与 24.8万円 22.1万円
特別給与 65.7万円 58.4万円
年収 363.3万円 323.6万円

参考:賃金構造基本統計調査|厚生労働省

幼稚園教諭の平均年収

幼稚園教諭の平均給与

続いて、幼稚園教諭の1ヶ月あたりの平均給与は22.5万円です(女性のみ)。

平均給与に年間賞与などの特別給与(ボーナスなど)を足したものが年収になります。

女性
給与 22.5万円
特別給与 41.6万円
年収 311.6万円

公立の保育士と幼稚園教諭の給与について

保育園と幼稚園には「公立」と「私立」がある

保育士と幼稚園教諭のお給料の話をしていると、「公立の方が良い」と聞きませんか?

保育園と幼稚園は「公立」と「私立」の2種類があります。

混同しやすいものに、「認可保育園」と「無認可保育園」がありますが、これは国の定めるさまざまな基準をクリアしているかどうかなので、公立と私立は関係ありません。

先ほど紹介した保育士と幼稚園教諭のお給料は私立のものです。

公立の保育園と幼稚園に勤める人は「地方公務員」扱いになります(一部、国立幼稚園に勤める人は「国家公務員」扱いになります)。

地方公務員(幼稚園教諭)の平均給与は41.9万円

地方公務員の幼稚園教諭の平均給与は、41.9万円です。

ただし、これはあくまで全国平均のため、都道府県や市区町村によって厳密には異なります。

私立に勤める保育士(男性24.8万円、女性22.1万円)、幼稚園教諭(22.5万円)と比べるとずいぶん高く感じるため、平均年齢を考慮してみましょう。

地方公務員の平均年齢は42.3歳です。

私立保育士と幼稚園教諭の40代前半の給与と比較してみましょう。

40〜44歳の保育士の平均給与は、男性30.3万円、24.3万円。

幼稚園教諭は24.6万円です。

たしかに多少差は縮まりましたが、それでも地方公務員の給与の方が高いことが分かります。

参考:総務省|平成28年地方公務員給与実態調査結果等の概要