保育ひろばの「お祝い金」の申込み方について

保育ひろばのお祝い金 保育ひろば
現在、お祝い金は停止しています。

保育ひろばは、日本トップクラスの保育士・幼稚園教諭の転職支援サイトです。

保育ひろばを利用すると、最大で2万円のお祝い金がもらえます。

ただし、正しい手順を知らないと「お祝い金がもらなかった…」ということになりかねません。

そこで、ここでは保育ひろばのお祝い金のもらい方について徹底解説します。

保育ひろばのお祝い金は最大2万円

保育ひろばのお祝い金は最大2万円になります。

保育ひろばのお祝い金
  • 2万円分:正社員、週32時間以上勤務の派遣スタッフ
  • 5千円分:非常勤、週32時間未満勤務の派遣スタッフ

この「週32時間」というのは、社会保険に入る基準の時間です。

インターネットには「週32時間以上なら、非常勤でも良い」という情報を見かけますが、間違いです。非常勤の場合はどちらのも場合も5千円分になるので注意しましょう。

保育ひろばの求人のお給料、登録後の流れ、利用料金、評判・口コミなどこれさえ読めば大丈夫!【徹底解説】

保育ひろばの求人のお給料、登録後の流れ、利用料金、評判・口コミなどこれさえ読めば大丈夫!【徹底解説】

2018年2月1日

入職後、1ヶ月経ったらコンサルタントへ連絡しよう

保育ひろばを経由して就職/転職して1ヶ月が経過したら、担当のコンサルタントに連絡しましょう。転職サポートをしてもらったときの連絡先に電話します。

もし、電話番号を消してしまったなら、保育ひろばのホームページから連絡しましょう。

入職後、1年間お祝い金の申込みをしなかった場合、請求できなるのでご注意ください。

お祝い金はギフトカードによる支給

2万円、または5千円のお祝い金はギフトカードによって支給されます(現金ではありません)。

ギフトカードの種類は、amazonギフトカード、JCBカードなど。どれになるかは保育ひろばを運営するネオキャリア指定になります。

入職後、2ヶ月以内に退職した場合は対象外

入職後、2ヶ月以内に退職した場合は、お祝い金の対象外になるので注意しましょう。

ここで少し内側の話をすると、保育ひろばなどの人材紹介会社は、求職者が入職してはじめて「紹介料」という形で報酬をもらいます。

このとき、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月など短期で離職すると、施設にとっては「紹介料を支払ったのに人がいなくなってしまった」ということで、人材紹介会社に期間に応じて返金を求めます。

おそらく「2ヶ月以内の離職」だと報酬がなくなってしまう、もしくは大幅に紹介料が下がってしまうため、短期離職をすると「お祝い金」の対象外になるのだと推測されます。

1年間は支給対象外

一度お祝い金を支給された方は、1年間は支給対象外になります。

お祝い金のために「3ヶ月働いて辞める」のようなことができないということです。一時的にお金をもらうことができても、職歴が短期離職になってしまうのでオススメしません。

しっかりと決まりを守った上でお祝い金をゲットしましょう!