保育士・幼稚園教諭の面接対策「貴園」の使い方

保育士・幼稚園教諭の面接対策

保育士・幼稚園教諭の履歴書には「貴園」と書きます。このとき、面接でも「貴園」と言うべきか悩んでしまいませんか?

ここでは保育士・幼稚園教諭の面接対策として、「貴園」の使い方について解説します。すぐに覚えられるので力を抜いていきましょう。

相手が企業なら「貴園」か「御社」

相手が企業(株式会社や有限会社など)の場合は「貴園」か「御社」で表現します。

「貴社」は、相手が企業のときに書き言葉で使いますが、保育園や幼稚園では「貴園」という言葉があるため、「貴社」は一般的には使いません。

保育士・幼稚園教諭の履歴書「貴園」と「貴社」の使い分け

社団法人やNPO法人の施設なら「貴園」

社団法人やNPO法人、公立の施設の場合は、「貴園」(きえん)という表現を使います(書き言葉と話し言葉の両方で使います)。

「御園」という表現はない

話し言葉では「御」を付けて「御園」(おんえん?)と言いたくなりますが、「御園」という表現はしません。どちらの場合も「貴園」を使います。

「◯◯保育園さん」でもよい

また、話し言葉に限定されますが、「◯◯保育園さん」という表現でもかまいません。志望動機などを答えるときは「〜のため、◯◯保育園さんを志望しました」という話し方になります。

まとめると

まとめると、以下の方法で対応できます。

企業 それ以外
書き言葉 貴社
貴園
貴園
話し言葉 御社
貴園
貴園
◯◯施設名さん

「貴園」という表現を使っておけば、どのような場合でも対応できることが分かります。