保育士・幼稚園教諭の面接当日までの準備と対策

保育士・幼稚園教諭の面接対策

保育士・幼稚園教諭の採用は、面接試験(人物試験)が重要視されます。

そのため、面接試験は最高のコンディションで臨みたいものです。

ここでは、面接当日までの準備と対策について解説します。

生活リズムを整えて、面接に備えよう

保育士・幼稚園教諭の面接試験は午前中に行われることが多くあります。そのため、夜型生活を送っている人が、朝型生活に切り替えられるよう、準備をしておきましょう。

夜型生活のまま午前中の採用面接に臨むと、頭が冴えずにベストな状態を引き出せません。夜更かしを控え、早めに起床を心がけましょう。

持ち物チェックリスト

保育士・幼稚園教諭の面接に必要な持ち物チェックリストです。

書類

  • 提出書類(健康診断書など)
  • 履歴書
  • 職務経歴書

必須

  • スマートフォン(充電も忘れずに)
  • 筆記用具
  • 印鑑
  • ハンカチ
  • ティッシュ
  • 折り畳み傘

身だしなみ

  • ヘアブラシ
  • 手鏡
  • 靴磨き
  • エチケットブラシ
  • ストッキング予備(女性のみ)

面接前日

スーツのシワなどをチェック

スーツのシワなどのチェックはできれば前日までに済ましておきたいところです。どうしても自分では直せない場合、クリーニング屋さんに出す必要があるかもしれないからです。

ジャケットやパンツ、スカートなどはボタンのほつれも確認しておきましょう。

持ち物は前日までに用意しておく

持ち物は前日までに用意しておきましょう。カバンに入れておけばよいものは、あらかじめカバンに入れておくと忘れ物をする心配がありません。

面接会場までの道のりを確認

面接会場までの道のりを確認しておきましょう。電車遅延などのトラブルがある場合があるため、複数の道順を用意しておく必要があります。

また、予定より早く到着したときに入れるお店(カフェやファストフード店など)もチェックしておくと良いでしょう。

当日の朝

早めに起きよう

面接当日は、早めに起きましょう。頭をしっかりと働かせるために、できれば朝食をとっておきたいところです。

持ち物の最終チェック

前日に用意した持ち物の最終チェックをしましょう。スマートフォン(スマホ)は充電したか、充電器を持ったかなども確認しておくと慌てることがありません。

ニュースを確認

面接試験では、「今日のニュースで気になったもの」を聞かれることが多くあります。当日のニュースをスマホアプリや新聞で確認しておきましょう。

スマホでニュースを見るアプリは、SmartNewsなどがおすすめです。

面接会場到着

30分前に到着するように家を出よう

電車の遅延などを想定して、遅くとも30分前に到着するように家を出ましょう。

マナーを忘れずに

面接試験は施設に入る前から始まっています。「コートを施設の外で脱ぐ」「傘のしずくを施設の外で落とす」など、マナーを忘れないようにしましょう。