保育士・幼稚園教諭の面接対策「退職理由」

保育士・幼稚園教諭の面接対策

保育士・幼稚園教諭の面接でよく聞かれる質問のひとつに「退職理由」があります。2つ以上の勤務先の場合、ほぼ必ず質問されるはずです。

ここでは保育士・幼稚園教諭の面接対策から「退職理由」について解説します。

「退職理由」の意図を考える

面接の質問は、すべて質問の意図を考える必要があります。この質問は、保育の経験がどのくらいあるのか、また退職の理由(辞めた理由)がどのようなものかがチェックされます。

こんな回答はNG

保育能力の低さを認める

「多くの子どもの担当をしていて負担が大きかった」など、保育能力の低さを認める発言は、マイナス評価につながります。

愚痴や批判ではなく、前向きな転職理由を用意しましょう。

前職のことを悪く言う

いちばんやってはいけないのが、「前職」のことを悪くいうことです。他人のせいにしている人に良い印象を持つ人はいません。

前職ではできなかったことを、次の職場では実現しようと思っていることを伝えましょう。

こんな回答はOK

前向きで向上心がある

「保育者として幅を広げたい」など、前向きで向上心のある退職理由だと、後ろめたいイメージを感じません。

前職の経験を活かす

また、前職での経験を活かし、「即戦力になれる」こともアピールしましょう。

倒産やリストラなどの場合はどうする?

たとえば、企業の倒産やリストラなど、自分にとって不本意な退職の場合は、それらの理由は強調せずに、「乗り越えて頑張る」という気持ちを前面に出しましょう。

どの場合も「誰かのせいにする」という他責はNGになります。

転職回数が多い場合はどうする?

転職回数が多い場合、「採用してもすぐに辞めてしまうのでは…」という懸念を採用官は抱きます。この心配を取り除くために、「実現したいこと」などを伝えましょう。

また、退職理由が上手に思い浮かばないときや、どうしても転職回数が多くなってしまい、自分に合った職場を見つけられないときは、就職エージェントを利用するのもおすすめです。

保育士・幼稚園教諭に特化した就職エージェントを使えば、離職率が高いいわゆる「ブラックな職場」を除外した職場を選ぶことができるでしょう。