保育士・幼稚園教諭の面接にふさわしい服装(男性編)

保育士・幼稚園教諭の面接対策

保育士・幼稚園教諭の面接時に「どんな服装で行けばいいの?」と悩んでいませんか?

社会人として失礼のないように面接に臨みたいところです。

ここでは保育士・幼稚園教諭の面接にふさわしい男性の服装について解説します。

社会人としてふさわしい見出しなみ

見た目がすべてというわけではありませんが、やはり面接時の身だしなみには気をつけたいところです。ファッション性のある身だしなみでは、面接時の印象を悪くしてしまいます。

面接時の身だしなみのポイントは「清潔感」「上品さ」「知的」の3点です。面接官をはじめ、誰に対しても失礼にあたらない服装を心がけていきましょう。

髪型:短めの黒髪

耳や額が出る短めの黒髪にします。

ひげ:剃り残しがないように

採用面接ではひげはNGです。剃り残しがないようにしましょう。

スーツ:黒や紺のリクルートスーツ

黒や紺のリクルートスーツを着ます。ブランドものである必要はありません。

シワやボタンのほつれを確認しておきましょう。

シャツ:白色を選ぶ

白色のレギュラーカラー(襟)シャツを選びます。

持っているシャツを使うときは、シワがないか、汚れがないか確認しましょう。

ネクタイ:えんじ色がおすすめ

えんじ色や青色のネクタイにします。

アクセサリー:すべて外す

ピアスやネックレス、指輪などすべてはずします。

靴下:黒か紺を選ぶ

黒か紺のものを選びましょう。

靴:黒の革靴

黒の革靴を選びます。

「プレーントゥ」と呼ばれるつま先(トゥ)に飾りがないものを選ぶと良いでしょう。

持っている靴を履くときは、きちんと磨いてあるか、かかとがすり減っていないかチェックしましょう。

かばん:黒のA4書類が入るものを選ぶ

黒色でA4書類が入るものを選びます。床に置いたときに倒れないものを選ぶのが良いでしょう。