保育士・幼稚園教諭の履歴書に貼る写真の撮り方(服装など)

保育士・幼稚園教諭の履歴書・職務経歴書の書き方

履歴書に貼る写真は撮り方ひとつで印象を大きく変える力があります。

せっかく採用面接に使うなら、しっかりした写真を撮っておきたいところですよね。

そこで、ここでは保育士・幼稚園教諭の履歴書に貼る写真について解説します。

履歴書用の証明写真を撮る場所

履歴書用の証明写真を撮る方法は、「スピード写真を使う方法」と「フォトスタジオを使う方法」の大きく2種類があります。

スピード写真:早く安く撮影できる

スピード写真の良いところは、早く安く撮影できる点です。

駅前などに設置されているスピード写真で撮影すると、1回あたり700〜1000円で撮影できます。

ただし、写真の撮り方(写り方)などはすべて自分で決める必要があります。

スピード写真でキレイに撮影するコツは、ひざの上に白いハンカチを置くことです。白いハンカチがレフ板(被写体に光を反射させるもの)の役割を果たし、キレイに撮影できます。

その他、アプリなどでも証明写真が撮影できますが(撮影後にコンビニなどで現像する)、同じようにすべての要素を自分で決める必要があるため、あまりおすすめはできません。

 注意
プリクラやスナップ写真はNGなので気をつけましょう。

フォトスタジオ:高品質な写真が撮れる

フォトスタジオではプロのカメラマンに写真を撮ってもらえます。

価格は1枚500円〜(2枚セットで1000円など)とスピード写真よりは高くなりますが(カメラマンの人件費や技術料がかかるため)、品質が高い証明写真を作ることができます。

プランによっては、ヘアスタイリングやメイク、レタッチ(写真の修正)などを行ってくれるところもあります。すべてを込みにすると1万円くらいかかるので注意しましょう。

フォトスタジオでの撮影も撮影後20分でできるところもあります。

どうしても安く済ませたいという場合をのぞき、できればフォトスタジオを使いたいところです。

証明写真を撮るときの服装などの外見

服装:スーツが基本

服装は面接に行くときと同じ格好でかまいません。

男女ともにスーツが基本です。

ピアスなどのアクセサリーも外しましょう。

髪型:整える

髪型は整えて撮影しましょう。

長い髪の場合は後ろで束ねると清潔に見えます。

男性の場合は整髪料を使いすぎないように注意しましょう。

化粧:ナチュラルメイク

お化粧はナチュラルメイクを心がけましょう。保育士や幼稚園教諭は乳幼児と触れ合うため、濃い化粧はNGになります。ただし、すっぴんもNGです。

アイシャドウやチークなど派手な化粧はしないようにしましょう。

男性の場合、メイクはしません。

表情:少しだけ微笑む

表情は少しだけ微笑むのを意識しましょう。

無表情だと怖く見えてしまいます。また、笑顔もいけません。

度合いが難しいですが、カメラマンに撮ってもらえば上手に調整できるでしょう。

写真の裏面に名前と撮影日を書く

履歴書の写真の裏面には、名前と撮影日を記入します。

名前を書いておけば、もし履歴書から写真が落ちてしまった場合に分かります。相手は多くの人の採用をするため、できるだけ手間をかけないように気を使った行動を心がけましょう。

写真の裏面に書くときは、油性のマジックを使うと表面が傷つかずに書けます。

証明写真は3カ月以内のものを使う

履歴書に使う証明写真は、撮影後3カ月以内のものを使いましょう。

3ヶ月経つと、髪の毛が伸びたり、体重が変わるなど印象が変わることが多くあります。どんなに写真のあなたが良くても、面接官が知りたいのは「今」のあなたです。

そのため、撮影後3ヶ月以内の写真を使いましょう。

証明写真をきれいに貼ろう

証明写真は次の点に注意してきれいに貼りましょう。

  • 適切なサイズの写真を使う
  • 写真はまっすぐ貼る
  • のりがはみ出さないようにする

きれいに撮れた写真でもズレていると、印象が悪くなってしまいます。

また、のりが心配なときはスティックのりや両面テープを使うときれいに貼れます。

きれいな証明写真が用意できたら、自信を持って採用面接に臨みましょう。