保育士・幼稚園教諭の履歴書に使う印鑑について

保育士・幼稚園教諭の履歴書・職務経歴書の書き方

保育士・幼稚園教諭の履歴書に使う印鑑について「押印欄がない」「そもそも印鑑を押す必要はあるの?」と迷っている方も多いのではないでしょうか。

ここでは保育士・幼稚園教諭の履歴書に使う印鑑について解説します。

履歴書に押印欄がないものが多い

最近は履歴書に押印欄がないものが増えています。

押印欄がない履歴書が増えた理由は、1997年に総務省が「押印見直しガイドライン」のなかで、「押印を廃止しても良い」と発表したためです。

ア 押印を求める必要性や実質的意義が乏しく、押印を廃止しても支障のないものは廃止し、記名のみでよいこととする。

(注)次のような文書は、上記に該当すると思われる。

úA 履歴書、住所変更届、廃業届等で、単に事実・状況を把握することのみ を目的としているもの

引用:押印見直しガイドライン

言い方が難しいのでかんたんに書くと、「履歴書には印鑑を押す理由がない」ということです。これによって、現在は履歴書に押印の必要がなくなったのです。

ただし、「押印欄がある履歴書」「押印を指示されたとき」は必ず押印をしましょう。

履歴書に使う印鑑の選び方

履歴書に使う印鑑には、認印(みとめいん)を使いましょう。

認印とは、文具店などで売られている三文判(朱肉に付けるタイプの印鑑)です。

市区町村役場に印鑑登録してある「実印」や銀行の「銀行員」は個人情報流出のリスクがあるために使うのは控えましょう。

また、「シャチハタ」と呼ばれるゴム製のハンコはマナー違反になるので使えません。ゴム製のハンコは経年によって印影(ハンコの形)が変わってしまいます。

きれいに押印するコツ

印鑑は履歴書を書くまえに押印しましょう。そうすれば、もし押印に失敗してしまっても履歴書を書き直す必要がありません。

平らな場所を選ぶ

押印するときは、平らな場所を選びましょう。履歴書の下に「捺印マット」(100円ショップで販売しています)を敷くと、適度な弾力で押印できます。

印鑑の汚れを確認する

印鑑の溝に汚れがあると、きれいに押印できません。印面をキレイにしておきましょう。

「の」の字を意識する

押印するときは、ひらがなの「の」の字を意識して重心を移動しながら押印します。

もし押印に失敗したら

もし押印に失敗したとき、もう一度重ねて押印するのはマナー違反です。印象が悪くなってしまうため、面倒でも新しい履歴書に押印し直しましょう。

また、多少斜めになってしまうのは問題ありません。ただ、真横を向いているなど極端に曲がっている場合もきちんとやり直しましょう。