保育士・幼稚園教諭の履歴書のサイズの選び方

保育士・幼稚園教諭の履歴書・職務経歴書の書き方

保育士・幼稚園教諭の履歴書を選ぶとき、「どのサイズにすれば良いのか」悩みませんか?

結果から書くと、どちら(B5とA4)の履歴書を選んでも間違いではありません。

ここでは保育士幼稚園教諭の履歴書のサイズの選び方について解説します。

履歴書のサイズはB5とA4の2種類がある

履歴書のサイズにはB5とA4の2種類があります。

B5サイズ

B5サイズ(ヨコ257mm×タテ182mm)の履歴書です。

2つ折りになっていて、広げるとB4サイズになります。

そのため、「B4判」「B判」と呼ばれることもあります。

昔、アルバイトなどで使っていた方も多いのが「B5サイズ」の履歴書です。

A4サイズ

A4サイズ(ヨコ210mm×タテ297mm)の履歴書です。

2つ折りになっていて、広げるとA3サイズになります。

そのため、「A3判」「A判」と呼ばれることもあります。

通常のコピー用紙のサイズが「A4サイズ」です。

履歴書のサイズの選び方

どちらを選んでもかまわない

履歴書はB5とA4の2種類しかないため、どちらを選んでもかまいません。

どちらのサイズもコンビニエンスストアや書店などで販売されています。

もちろん、保育施設などから「◯判」など指定があった場合は、それに従います。

また、「A4サイズの履歴書」とサイズを指定されたからといって、A4のコピー用紙に履歴書をつくるのはマナー違反です。必ず、半分に折ったときのサイズがA4になるものを使います。

内容で選ぶ

どちらを選んでもかまわない場合は、サイズではなく内容で選びましょう。

一般的にA4サイズの方が書く部分が多いため、「書きたい項目(アピールしたい項目)が多い人」は、A4サイズを選びましょう。

反対に、「書ける項目が少ない人」は、B5サイズの履歴書を選びましょう(A4サイズの履歴書を選ぶとスカスカになってしまうため)。

履歴書は手書きかパソコン書きか

保育士・幼稚園教諭に問わず、よくある質問が履歴書を手書きにするか、パソコン書きにするかというものです。これは答えはありません。

保育園の園長というと、良くも悪くも比較的昔のやり方を好む方が多いため、手書きで書くのが無難という意見もあります。

また、保育士・幼稚園教諭という職務上、手書きで作業をすることが多いため、「文字を確認したい」という採用担当者も多いようです。

ただ、最近はパソコンが普及してきているため、パソコン書きで履歴書を書くことも増えてきました。そのため、判断が付きにくいというのが正直なところでです。

もし、迷うときは、選考を受ける段階で、「履歴書は手書きとパソコン書きのどちらが良いか?」を聞いておくと良いでしょう。

保育士・幼稚園教諭の履歴書・職務経歴書の書き方