保育士・幼稚園教諭の履歴書の書き方「本人希望欄」

保育士・幼稚園教諭の履歴書・職務経歴書の書き方

保育士・幼稚園教諭の履歴書を書くとき、「本人希望欄」に何を書けばよいか分からないという方は多いと思います。どのくらいの希望を書けばよいか迷ってしまいますよね。

ここでは保育士・幼稚園教諭の履歴書の「本人希望欄」の書き方について解説します。

「本人希望欄」の基本マナー

本人希望欄は、原則「貴園(貴社)規定でお願いします」と記入します。

つまり、こちらからは希望を出さずに相手の条件に従うという意味です。

何も希望しない場合でも空欄にせず、必ず上記のように記載しましょう。

家庭の事情など、どうしても妥協できない条件(帰宅時間など)がある場合は、「本人希望欄」に記載します。そのときも、スペースの8割程度に収まるように気をつけましょう。

「連絡のつかない時間帯」について書いておこう

本人希望欄には「連絡のつかない時間帯」について書いておきましょう。

相手が電話をする時間を作ってくれたにもかかわらず、何度も電話に出られないのは失礼にあたります。あらかじめ電話に出られない時間を伝えることでスムーズなやりとりが可能になります。

本人希望欄の記入例

現在在職中のため、下記時間帯は電話に出ることができません。

月曜日〜金曜日:9〜18時

希望条件の書き方

保育士・幼稚園教諭の場合、一般企業と異なり「職種」での希望はないと思います。あらかじめ伝える必要がある場合は、次のように記載します。

勤務時間

勤務場所や時間の希望を多く出すと、採用の確率は低くなってしまいます。なぜなら、相手は「人材が不足しているため」に求人を出しているからです。

希望をするときは広めに条件を伝え、面接のときに詳しい話をしましょう。

本人希望欄の記入例

勤務時間:家庭の事情で難しいため、◯時までの勤務を希望致します。

入社希望日

現在、正社員やパートで仕事をしている場合は、入園(入社)日を確認しておきましょう。

一般的に1ヶ月以上先になってしまうと、相手は採用を見送ることが多くなります。できるだけすぐに戦力になれることをアピールすることが大切です。

本人希望欄の記入例

入園(入社)希望日:◯月◯日より勤務可能