埼玉県の保育士・幼稚園教諭求人(正社員・パート)を探すための理想の方法

保育士・幼稚園教諭の転職ノウハウ

「埼玉県の保育士・幼稚園教諭の求人を探したい」と考えている方は、「自分がどのように働きたいか」「どのようにすれば収入がアップできるか」作戦がありますか?

せっかく保育士・幼稚園教諭として働くなら、もっとも良い条件で働きたいですよね。

そこで、ここでは埼玉県の保育士・幼稚園教諭求人を探す理想の方法について解説します。

埼玉県の保育士の基本データ

埼玉県 全国平均
年収 331.8万円 342.1万円
給与 22.3万円 23.0万円
賞与 64.5万円 66.3万円
平均年齢 38.1歳 35.8歳
勤続年数 6.9年 7.7年
有効求人倍率 2.63倍 1.50倍

メリット:求人が多い

埼玉県で保育士・幼稚園教諭として働くメリットに求人が高い点があげられます。埼玉県の有効求人倍率は2.63倍。全国平均の1.50倍と比べて高くなります(一人あたりの求人数が多い)。

デメリット:給与が安い

一方、埼玉県は首都圏であるにもかかわらず「給与が安い」というデメリットがあります。もし、東京に近いところに住んでいる方は、住むのは埼玉県、働くのは東京といったように分けるのも良いでしょう(家賃も大幅に下げることが可能です)。

埼玉県の保育士のお給料事情

入ってくるお金:お給料、ボーナス、各種手当

保育士・幼稚園教諭の入ってくるお金には、毎月のお給料に加えて、家賃補助や住宅手当などの補助金があります。また、正社員の場合、年に2回の賞与(ボーナス)が支払われます。

正社員以外の働き方(パート・アルバイトなど)の場合は、お給料は時給になり、賞与は出ないことがほとんどです。

お給料から大体の「手取り金額」を計算するときは、給与×80%をして計算します。

施設によっては、就業時の「引越し手当」が支払われるところがあるので、(1回限りではありますが)それも「入ってくるお金」と考えて良いでしょう。

出ていくお金:生活費(家賃、光熱費など)、娯楽

一方、出ていくお金には、家賃や光熱費(電気・ガス・水道)、スマホなどの通信費などの生活費、洋服を買ったり、娯楽に使うものがあります。

「収入を増やす」か「支出を減らす」

お金を増やす(生活を楽にする)場合、基本的に「収入を増やす」か「支出を減らす」かのどちらかしかありません(「お金に働いてもらう」という投資の考え方は割愛します)。

収入を増やす場合、補助金などの手当が充実している施設を選びましょう。また、自身のスキル(英語など)を身に付けてレア化し、高収入につなげるという方法も考えられます。

一方、支出を減らす場合、普段の生活の節約もそうですが、施設で借り上げている「社宅」や「寮」がある施設を選ぶと、家賃を大幅に安くすることが可能です。

このように、自分が何を求めているかを具体的に決めていくと、「どのような施設を選べば良いのか?」がボンヤリしていたものからハッキリ見えてくるようになります。

埼玉県の保育士の働き方

正社員として働く

保育士としてもっとも多いのが「正社員」としての働き方です。

正社員として働くと「給与」が安定します。また、今後のキャリアアップということを考えたときも、正社員の職歴を付けておいた方が有利に働くことが多くなるでしょう。

パート・アルバイトとして働く

すでに結婚していて「配偶者の扶養内で働きたい」という方や、ブランクがあって「とりあえずパートから働きたい」という方は、パート・アルバイトとして働くのも良いでしょう。

正社員と比べると給与が安く、雇用形態が不安定ではあるというデメリットはありますが、働く時間を自分で決められるというメリットもあります。

派遣として働く

正社員、パート・アルバイトほど多くありませんが、派遣社員として働く方法もあります。

派遣社員は、正社員とパート・アルバイトの中間の位置づけです。

短期間だけ働きたい

一方、難しいのが「短期間だけ働きたい」というものです。施設にとって「採用」とは教育などにお金がかかるため、できれば「長期間働いてもらいたい」というのが本音です。

しかし、保育士が産休などの場合、一時的に短期間の採用を行っている施設もあるので、転職サイトを活用して探してみると良いでしょう。

埼玉県の保育士の働く場所

保育所・幼稚園

もっとも多くの人が働いているのが保育所(保育園)と幼稚園です。

児童福祉施設

また、保護者がいない子などを擁護する「社会的擁護」や「障害者支援」といった児童福祉施設も保育士が働く先に選ばれます。

企業内保育

最近は企業内に保育所を設ける企業も増えてきました。企業内保育も保育士の勤務先として選ばれます。

病棟保育

入院する子どもが安心して過ごせるように病棟保育士を採用する病院も増えています。保育士は病棟保育を勤務場所として選ぶことができます。

こだわりの条件で働きたい

土日、オープニング、高収入、男性

保育士の求人を探すとき「土日休み」「オープニングスタッフ」「高収入」といった条件がある人も多いと思います。これらの条件を付けて求人を探すこともできます。

保育業界は女性が9割ですが、男性の保育士も少ないながらいます。「男性の保育士だから」といってそれが弱点になることはないので、男性保育士も積極的に求人を探しましょう。

資格なし

保育士の場合は「保育士資格」、幼稚園教諭の場合は「幼稚園教諭免許状」が必要です。

ただ、なかには保育職に就きたいけれど「資格を持っていない」無資格の人もいます。無資格の場合は「保育補助」として保育士のサポートをする形で働きます。

しかし、無資格だと使える求人サイトがとても少ないのが現状です。もし、「無資格だけど保育職で働きたい」という方は、無資格の求人が多く掲載されているほいく畑を使いましょう。

自分だけの強みを持っている

「英語が使える」「バイリンガルである」「特別なスキルを持っている」といった自分だけの強みを持っている方は、仕事を選ぶとき高給な仕事を得やすくなります。

現在は、幼児教育に力を入れる保護者が増えているため、幼児に英語を教えられるような人材は重宝されます。もし、スキルを持っている方はそれを活かして働くのも良いでしょう。

求人の探し方

埼玉県の保育士・幼稚園教諭の求人の探し方を解説します。

ハローワークを使う

もっとも多くの求人が掲載されているのはハローワークです。

しかし、ハローワークは求人を掲載する施設も無料で利用できるため、求人の質が玉石混交であるというデメリットがあります。つまりブラック求人が多く混ざっています。

これらを自分で選別できるという方以外はできるだけ控えるのが良いでしょう。保育士など人材が不足している業界は、ハローワークを使わなくても良い求人がたくさんあります。

ハローワークインターネットサービス

求人サイトを使う

求人サイトは、自分の希望の条件を入力して、求人を検索して応募します。面接までオンラインで完結するため、保育士・幼稚園教諭の転職活動に慣れている方にオススメです。

一方、すべてを自分で行わなければならないため、初めて保育業界に転職するという方には少々ハードルが高くなってしまう場合もあります。

保育士・幼稚園教諭の代表的な求人サイトには保育Fine!があります。

転職サイトを使う

転職サイトは「エージェント」「人材紹介会社」などとも呼ばれます。登録後にコンサルタントと電話でやりとりし、条件などを伝えると求人紹介をしてもらえます。

また、書類添削や面接対策などのサポートも行ってくれるところもあります。

転職サイトは、非公開求人や好条件の求人を多数扱っており、選考を受ける施設との面接日程、条件の交渉なども代行してくれるため、もっとも理想的な転職活動ができます。

Webサイトから登録後にヒアリングをする手間はありますが、それ以上の価値は十分にあるので、埼玉県の保育士・幼稚園教諭の求人を探すときには使うと良いでしょう。

代表的な転職サイトには、保育ひろばがあります。

自分に合った方法で保育士・幼稚園教諭の転職活動を成功させてください。