保育士・幼稚園教諭の面接後に送る「お礼状」の書き方

保育士・幼稚園教諭の面接対策

保育士・幼稚園教諭の面接後に「お礼状を送った方が良いか」迷いませんか?

結果から書くと、もし迷っているなら送った方が良いです。

ここでは保育士・幼稚園教諭の面接後に送るお礼状について解説します。

お礼状は感謝の意味を込めて送るもの

お礼状は、面接終了後に感謝の意味を込めて送ります。

ただ、履歴書や職務経歴書を送るときに書く「添え状」と違い、必ず送る必要があるものではないため、送らなかったからといって心配する必要はありません。

人材紹介会社のキャリアカウンセラーに聞いたところ、「たしかにお礼状は送った方が印象が良くなります」と話していました。

私たちの日常を考えても、何かの会で初対面だった人と連絡先を交換して、家に帰ってから「今日はありがとうございました」というメールが届いたら悪い気はしないですよね。

反対に「もしお礼のメール」が届かなかったとしても、その人のことを悪く思いません。

面接後に送るお礼状も同じです。

お礼状を送るタイミング

もし、お礼状を送る場合は、面接後すぐに送りましょう。二次面接がある場合、お礼状が届く前に次の面接が行われてしまうことがあるからです。

お礼状には、面接などを通して「より企業で働きたくなった」という内容を具体的なエピソードとともに書きましょう。

面接官の名前が分かる場合は、面接官宛に送ります。もし名前が分からない場合や複数の面接官がいた場合は「採用ご担当者様」と書きます。

保育士・幼稚園教諭のお礼状の例文

お礼状の例文を紹介します。

自分の文章に置き換えて、機械的にならないように注意しましょう。

お礼状の例文

株式会社◯◯
採用ご担当 ◯◯様

〒◯◯◯-◯◯◯◯
東京都◯◯◯◯◯◯
名前 ◯◯◯◯
電話番号 080-◯◯◯◯-◯◯◯◯
メールアドレス ◯◯.com

お礼状

拝啓 ☓☓の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

このたびは、面接を受けさせていただき、ありがとございました。

◯◯様(面接官の名前)から貴社の業務内容、職務内容のお話をお聞きし、より入社したい気持ちが強くなりました。特に貴社の◯◯のお話は、私にとってやりがいのある内容でした。

今までの職務経験を生かし、貴社で必要な知識を得て頑張りたいと考えております。

今後とも、何卒よろしくお願いいたします。

敬具

 

 

 

 

 

 

 

メモ

必要に応じて「貴社」「貴園」などに変更してください。

面接時の具体的なエピソードを盛り込むと信ぴょう性が出て、採用担当者に好感を持たれます。

お礼状が採否に直接影響を与えることはありません。しかし、どちらかの人に迷ったときなどに有利になります。最後に判断をするのは人間の心です。

面接後は、すぐにお礼状を送ってみましょう。

保育士・幼稚園教諭の履歴書「貴園」と「貴社」の使い分け